[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃあかんやろ。

何でストレッチしただけで筋肉痛になるねん!!



ありえへんわ・・・。

スポンサーサイト

動き出します。

参加の申し込みをしていたお芝居のワークショップが、今日から始まりました。
これから毎週、3月まで通います。簡単な形式のものだとは思いますが、最後には作品発表会もあるそうです。

参加者のみなさん、みんなお若い!!笑
年上かなあと思って話していた子に年齢を聞いてみたら、何と高校生でした・・・。
このワークショップは今回が9回目だということでリピーターも多く、予想していた以上にレベルの高い方が集まっています。
でも中には演劇初心者の人もちらほら。小さな女の子がお母さんと一緒に来ていたのは、すごくほほえましかったです。
和やかな感じで、ブランクのある私が復帰を目指すのにはピッタリな場所なんじゃないかなと思いました。
でも今日は初日なのにいきなりエチュード(寸劇)をさせられてビビリました。
私、即興が大の苦手です。今までに何度「君、即興ダメだね」と言われたかわからない。
そして今日も、リアリティを大事にと言われていたにも関わらず、有り得ない方向に話を引っぱってしまって散々でした。
まあ、これから徐々に慣れていきたいです(汗)

余談ですが、アシスタントに来られていた女優さんから、手渡しで公演のチケットを売っていただきました(笑)
4年ほど前に他のワークショップでもお会いしたことがあるので、「またお会い出来て嬉しいです」とか何とか話しかけちゃいました。
私、変質者?笑
アマチュアとはいえ、自分自身も役者なんだから控えようと思いつつも、結構ミーハーなんですよねえ・・・^^;
いつも客席から見てる側だから、尚更(笑)

そのチケットをもらうのを待っている時に、講師の先生から「演技がしっかりしてる」というお褒めの言葉をいただいてしまい、ビックリしました。
しかもあちらからお声をかけて下さって・・・。
「でも2年ほど役者をお休みしてたんです」と言うと、「2年のブランクなんて問題ないよ!」と言ってくださいました。
少し救われました・・・^^*
ちなみにその先生も、前述した「4年前の他のワークショップ」の講師だったんですが、言いそびれてしまいました。
まあ別にいいですけど(笑)

やっと役者が出来るんだなと思うと、本当に嬉しいです。
もらったプリントの台詞を声に出して読む時の、何て楽しいことか。
主治医も「社会人になったら好きなことしていいのよ」なんて言ってくれちゃっていることですし(笑)、これから頑張ろうと思います。


卒業旅行(おまけ)

これが・・・


いちごとバニラのソフトクリーム。
2人で分け分けしながらスプーンで食べていたのですが・・・。

こうなります。


中ががらんどう。
「資本主義の何かを感じる」という友人の一言が笑えました(笑)
おいしかったですけどね。

べちゃーん。


そして、お約束の一枚です(笑)
なんかすごい青春じゃないですか?笑

べちゃーん。その後


跡形クッキリ。


あー楽しかった☆

卒業旅行(3)

スノボ3日目。

イライライライラ・・・


週末だからでしょうか。昨日とは打って変わって、この人の多さ。
しかもモラルのない初心者が多くて、転ぶと斜面の真ん中にべったり座り込んだままなかなかどいてくれない。
邪魔だ邪魔だと言っていたら、またしても友達に「普段はそんなこと言わないのに・・・」と言われてしまいました。
でも本当に邪魔なので(笑)、人の少なそうなコースを選んで移動しながら滑りました。

自慢の一枚です。


余裕も出てきて、滑る合間に写真を撮ったりしていました。
これはこの旅行で一番出来のいい写真です。
みんなに見せたら「すごくキレイ」と褒めてもらえました。携帯がね(笑)
遠くにある建物の、小さな窓までちゃんと映ってるんですもの。
シャープ製は画面がすごく綺麗なんです。宿の方に集合写真を撮ってもらう時も「あら、これすごく画面が綺麗ですね」なんて褒められたりしました。
・・・カメラは良いのに腕はビミョーなんですよね(汗)

見渡す限り、白銀。


リフトに乗りながら撮った一枚。
本当に、見渡す限り雪、雪、雪です。あ、この景色いいなあと思うと、ウェアのポケットからそそくさと携帯を取り出します。
「景色ばっかり撮ってる」と友達に笑われました(笑)

素敵なゲレンデでした。


この日は晴れていて、雪の状態も結構よかったです。滑りやすかった。
転んでしりもちをつくと痛いんですけどね。
まだ3時頃ですが、上の方に月が出ています。
この後、帰る頃に少し吹雪いてきたんですが、ウェアに積もる雪の粒が大きくて、結晶の形まではっきりと見えて。すごく綺麗でした。

宿に帰ると大急ぎでお風呂に入って身支度をし、夜行バスで大阪へ。
途中のサービスエリアで買い物をした時にクジを引いたら、長野のリンゴが一つ当たりました。
お店のおじさんが切ってくれたので、女の子で分け分けして食べました。
さすが長野のりんご。蜜がしっかり入っていておいしかったです。

結局12時間くらいかかったのかな。長い移動でした。
大阪に着いてから朝マックして帰りました(笑)
すっかりスノボにはまってしまって、帰りたくないな~、またスノボしたいな~と思いながら帰路に着きました。
何より、自分がこの旅行のグループの一員である、という実感を持てたのがすごく嬉しくて。
このメンバーの中にいたいと思う時はいていいし、何かあって離れないといけない時は別に離れてもいいんだなって。
誰にも全く気を遣うことがなかったといえば嘘になりますが、集団の中の自分というのを感じることが出来ました。
4+1年の大学生活の中で、多分一番楽しいひと時でした。

卒業旅行(2)

スノボ2日目です。

-5℃だかそれぐらいの世界。


この日はすごく吹雪いてました。
前が見えない。こんなんで滑れるのかってくらい、前が見えない。こわい。そしてめちゃくちゃ寒い。
新雪も沢山積もってて、ちょっと滑りにくかったです。
慣れてきたものの、少し腰が引けてました。雪がやわらかいから転んでもそんなに痛くはないんですが、なるべく転びたくない(笑)
でも上手い男の子たちが丁寧に教えてくれたので、「このは」(右へ左へ、木の葉が落ちるようにユラユラ滑っていく滑り方)は結構上達しました。
「簡単だから」とか言いつつ難しいコースに連れて行かれてビビリましたけど(笑)
1日目に続いて人が少なかったので、滑り放題でした。

くろいよ。


お昼ごはんには山菜うどんを食べました。
ゲレンデ食はまずいとよく言われるらしいんですけど、ここの食事はおいしい!
一人の子はビーフカレーのあまりのおいしさにいたく感動して、多分3日間ともビーフカレー食べてました。
ちなみに、長野も関東だしなんだなあと驚きました。色が黒いのね。しょうゆの風味がきいていて、味は関西より薄めでした。
昔、関東に住んでいる友人と会った時に、お互いの地域のどん兵衛を交換して食べたのを思い出しました(笑)

スムーズに滑れるようになって、なかなか楽しくなってきました。
寒いところに長くいると、帰ってきた時のお風呂が何とも言えないくらい気持ちよくて感動しました。

あと、夕食後に部屋でみんなでおしゃべりしている時に、「ミキさんの転び方は派手で叫び声もすごい」と全員からツッコミを食らいました。
大して転んでないのに声だけものすごくでかい、って(笑)
大学では出してなかった一面が出てしまいました^^;

卒業旅行(1)

さて、気持ちを切り替えて、サクサク日記を書いていこうと思います。
15日の夜から19日の朝まで、心理学コースのみんなでスノボに行ってきました!
長野の斑尾高原というところでした。

ムダな装飾。


この綺麗なイルミネーションは何でしょう?
なんと・・・!





バスで移動中の、休憩先のトイレでした。
何でトイレの前がチカチカしとんねん。

バスの中ではみんなでお菓子を食べたり色々しゃべったり、遠足みたいでした。
何だかわからないけどすごく楽しかった。バス効果?笑

ゆき!雪!ユキ!


宿に着いてからすぐにゲレンデへ。
大阪はほとんど雪が降らないので、一面の雪景色を見てみんな超感動。はしゃぎまくりです。
夜行バスの中ではあんまり眠れなかったんですが、疲れなんてすぐに吹き飛んじゃいました。
ちなみに、写真にうつっているお兄さんは全然知らない人です(笑)

男3人、女5人で行ったんですが、女の子のメンバーはほぼ全員初スノボだったので、無料の初心者講習を受けました。
板をつけてすぐは立つことも出来ずにギャーギャー言ってたけど、短い講習でみんな結構滑れるようになりました。
それでもコケてましたけどね。私もご多分に漏れず、転んでギャースカ叫んでました。

水曜日ということで私たち以外にお客さんはほとんどおらず、ほぼ貸し切り状態。
夕方までにはだいぶ滑れるようになりました。

ネコだるま


どっかの誰かが作ったネコだるま。
「雪だるま作りたいね」ってみんなで言ってたんですが、雪がすごくサラサラしてて全然固まりませんでした。
しかしこれはスゴイなあ。まさにカワユスだわ。


これからの日記について。

すっかり遅くなってしまいましたが、今後のこの日記について書いていきたいと思います。

2つ下の「お詫び」という記事にも書きましたが、私は、人の悪口も含め、いきすぎた愚痴をこの日記の中で沢山書いてしまっていました。
「いくら訪問者数が少ないブログとはいえ、こんなことをネット上に書いてしまっていいのか」と思いながらも、キーボードを打つ手は止まらず、ここに書くことでストレスを発散しているような部分もありました。
そうしているうちに、いつの間にかここは「人には見せられない日記」になってしまっていました。
私の醜い部分がいっぱい詰まった場所になっちゃったな、と読み返しながら思います。
このことについては、本当に改めなければいけないと思いました。

人の悪口を言うことは、人間として良くないことだと思います。
でも、思い返せば、インターネット上に日記を書き始めた頃からずっと、他者に対する愚痴や不満を書き続けてきたような気がします。それでも自分では気をつけていたつもりでいました。
時には、本人にわかるような書き方をして「あなたのことを日記に書いたから見てほしい」とメールを送りつけたこともありました。今となっては恥ずかしいことこの上ないですが。
愚痴や不満は、誰かと接しているとどうしても出て来てしまうものではありますが、限度を弁えるということを私はしていませんでした。
反省すると共に、これからもし誰かに対する不満が出来て、それを日記に書きたくなったとしても、書き方をよく考えるようにしていきたいと思っています。

もう一つ、私の文章の「書き方」そのものについてです。
私は自分の文章が、周りの人を嫌な気分にさせる要素を持っていることをよく知っています。そのために何度かトラブルが起こったこともありました。
前にも書きましたが、そのこともあってHPを閉鎖しブログに切り替え、今は宣伝もほとんどしていません。
今回、自分の「書き方」の至らなさを実感して、これからはどういう風にこのブログを続けていこうかと考えました。
・・・正直、何を書いたらいいのかわからなくなってしまいました。

では私は何のためにネット上で日記をつけ始めたのだろう。
それは、自分の場所がほしかったというのが一番の理由です。
その中で、自分の考えを正直に書いていこうと、そういう風に思っていたと思います。
誰かに見せるために書いているのではないし、私の書く内容に関して積極的に意見交換をしたり、慰めや励ましを求めているのではありません。
たまたま通りがかった人がこの日記を読んで、「ああ、この人はこんな風に思っているのか。ふーん」くらいに思ってくれればいいと思っていました。
でも同時に、私の書いたものを読んでショックを受けたり、嫌な思いをしてほしくないという気持ちもあります。
人に見せるために書いているわけではないですが、見る人のいるところに書く以上は、ある程度見た人がどう思うかを考えて書かなければならないとも思います。

その上で。
やっぱり私は自分の書きたいことを書いていこうと思いました。
自分の正直な気持ちを書いていきたいと。
今、私にとって最も重要な問題は「人との関係」についてです。
だからこれまでも、他者に見捨てられることに対する不安や、具体的なエピソードも踏まえて他者との関係に関する事柄を書いてきました。
事情を知っている方から見たら、その内容を容易に想起することが出来たかも知れません。
不快に感じられた方には、申し訳ないと思っています。
でも私はこの問題(人との関係についての問題)について考えることをやめたくないと思っています。

「私は愛され受容される価値のない人間である」
「いつか誰もが私のことを見捨てて去っていくであろう」
「私は、誰のことも信じることが出来ない。世の中で、たった一人も、信頼出来る人間はいない」
これらは私の中に常にある考えで、ごく当たり前のものだと思っていました。
ただ、弁解するわけではありませんが、これは事実としてあるのではなく、私自身の中にある私自身の問題なんです。
現実には私のことを好きでいてくれる人達がいることも、他者がそれほどまでに信頼出来ない存在なのではないことも知っています。
特定の個人が信頼に値しないのではなく、ボーダーの要素を持つ私の勝手な主観によって捻じ曲げられた価値観なんです。
だから一緒に遊んだりおしゃべりしたりする仲間もいるし、その人達のことを好きだという気持ちもあります。
それでも、私の中にある不安や寂しさが消えることはありません。もし誰かが否定してくれたとしても、絶対になくならない。
大学も、バイトも、芝居も、このネット上でさえも。
私の居場所なんてあるはずがないんです。

ここを訪れてくださる方は、私がそういう風に考えていることを知った上で見に来てくださっているのだと思っていました。
少し甘えていたのかも知れません。
本当に、上手く言えないのですが。
これからも私は、周りの人から見て不愉快に感じられるようなことを書き続けてしまうのかも知れません。
見てくださっている皆様には、感謝の意を表すと共に、この日記にそういった部分があることをご了承いただいた上で、ご覧になっていただければ幸いに思います。
また、そういう記事を見ていてとても不快な気分になった、そういう記事が上がる度に腹が立ったり傷ついたりする、という場合は、残念ですが、このブログとの距離を置かれることをお勧めします。
嫌なら見に来なければいい、とかそういうことではなくて。
見に来ていただくか否かは、やっぱり自由意志だと思うので。


長くなった上に支離滅裂でよくわからない文章になってしまいましたが、私がこの日記に対してどんな風に思っているかを、きちんと書いておいた方がいいのではないかと思いました。
ここまで読んでくださってありがとうございます。
管理人共々、これからもこのブログをよろしくお願いします。

卒論終了っ。

今、心理学コースのみんなと長野に卒業旅行に来ています。
みんなの隣でこの日記を書いています(笑)

卒論は昨日無事に提出しました。徹夜の作業でした・・・。
その後みんなでお昼ごはんを食べ、学部生室で仮眠し(20分程度)、バイトに行き、その足で夜行バスに乗って長野です。
頑張りました(笑)
スノボは初めてでしたが、帰るまでには「前このは」でスムーズに滑れるようになりました。
10月の旅行の温泉卓球のでの私のあまりにも酷いプレーとの違いに対してツッコミを受けまくりましたした。
球技は全く駄目です。
あと「後ろこのは」をやろうとすると一回転して元に戻って転びます。
ゲレンデには私の大絶叫が響き渡っていました。

帰って来るのは19日の朝になります。
前の記事に関してちょっと書きたいことがあったんですが、書きそびれたので帰ってから書きます。
中途半端でごめんなさい。
明日も引き続きスノボを楽しんでまいります。


お詫び

いつもこのブログを見に来てくださる皆様、どうもありがとうございます。

読んでくださっている方に、お詫びを言いたくて。
最近の日記には、人の悪口も含め、いきすぎた愚痴ばかりが並ぶようになってしまっていました。
それを見て嫌な思いをされた方もいらっしゃるかと思います。
本当にごめんなさい。

私は1年前まで、自分のHPを持っていました。
そこを閉鎖して今のブログに切り替えたのは、他にも理由はありますが、自分の書いた文章に責任を持つことが出来ないと思ったからでした。
私の書くものは、人を嫌な気分にさせることが多い。
特定の相手を攻撃するものも、単なる独り言だと思い込んで書いたものも。
だから、これからはそういうものではなく、自分自身の思いを少しずつ綴っていこうと思っていました。
それなのに、いつの間にかまた誰かを傷つけるような書き方をすることが増えてしまっていました。
こういうのは良くないと自分で思いながらも、書くのを止めませんでした。
この場所も含めて、何かに甘えてしまっていたんだと思います。

上手く言い表すことが出来ないのですが。
私は、現実に、特定の他者から見捨てられることを恐れているのではなくて。
ここに書いてきたのは、ただ漠然と、いつか全ての人は私のことを嫌いになるのだろうという妄想観念や、現実にはそうではないのに、自分でそうだと勝手に思い込んでしまっていることなんです。私が本当に嫌いで憎んでいるのは、現実の誰かではなく自分自身です。
私のことを、変わらずに好きでいてくれる友人や仲間がいることは知っています。
そういう、大切にすべき人達をも遠ざけてしまっていることを、私は気付いていませんでした。
本当に、申し訳なく思っています。

書くのをやめようかとも思いましたが、それでは何の解決にもならないと思いました。
これからもこの場所で自分の気持ちを綴っていくつもりではいます。
ただ、ここを訪れてくださった方が、私の至らない文章を読んで気分を悪くされるということは本意ではなく、とても申し訳のないことです。
「死にたい」「愛されない」「見捨てられる」「誰々が嫌い」
未熟な人間ゆえ、そういう気持ちが私の中から消えることはないかも知れません。
でも、これからは、私が大切にしたい人までをも傷つけてしまうような書き方だけはしないようにしていきたいと思います。

今後とも、「monologue」並びに管理人をよろしくお願い致します。


「monologue」管理人 ミキ



勢い余って

今、電車の車掌さんが、
「扉が閉まりめす」
と言いました(笑)



ん?
・・・ああ、いつも
「閉まりめす」
なんや。
(つまり滑舌が悪い)


わーい

充電がすぐ切れるようになったので、携帯の電池パックを替えてもらった♪
これで電池を気にせず沢山写真が撮れるぞ☆



ごめんなさい、それだけですf^_^;
まだ卒論書き終わってませんf^_^;


それでも

浜崎あゆみの左耳は、もうほとんど聞こえていないらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080106-00000943-san-ent

すごいなあ。
それでも歌い続けたいと言えるなんて。

私には何が出来るだろう。
境界性人格障害とかいうわけのわからない病気だと診断され、芝居もせずに、ソツロンとかいうわけのわからないものを書いていて、春からは自分がどうなるかすらわからない。
こんな私に出来ることなんてあるんだろうか。

でも、私は芝居をするために今こうして生きている。
もう一度芝居がしたくて生きている。
偉そうなこと言いながらも芝居についてきちんと勉強したことないし、演劇人なら当たり前なこともロクに知らないような奴だけど。
演技も全然上手くなんかないけれど。
20歳で死に損ねて、役者を休まざるを得なくなった時から、そのためだけに生きてきた。
またいつか舞台に立てる日がくるかも知れないことを祈って。
もし私の芝居を見て、「面白かった」と言ってくれる人が一人でもいるなら。
そのためだけに生きていける。

だから決めている。
本当に芝居が出来なくなってしまったら、その時は命を絶とう。

おいしいごはんが食べたい。

卒論が何とか形になってきました!
研究1~3までの方法と結果が大体書き終わりました。
あとは考察を全部書けば終わりさっ☆
その考察が曲者なんだけどさ・・・。

あとは序論で先生に指摘されたところを直して、方法・結果・考察を書いて水曜日に先生に見てもらいに行って、そこで指摘されたところを直して、表とか作って、引用文献書き出して、ローデータと質問紙を添付したら終わりです。
ウン、長い!!

お正月にちょっとゆっくりし過ぎましたね。
本当ならもっと早くに考察の段階までいってるはずだったのに。
水曜までに全部書けるかなあ・・・。考察が一番嫌いです。データから自分の考えをひねり出してまとめなきゃいけないから。
私の頭にそんな考える能力ないよ・・・。
しかも、今更分析やり直してみようかとか考え始めちゃってるんですよね・・・。
多分できないでしょうけど。
別に偏相関で出してもそんなに変わらないだろうしさ・・・しょぼい研究なんだから(笑)

あー、ホントに卒論飽きた(笑)
でも、卒論が終わったら私はどうなるんだろうと考えると怖いです。
生きていけるんだろうか。

さてと、今日こそメガネを作りにいくぞ。
年明けてから昨日の夜まで一切外に出てませんでした。

人なつっこい その

離れようと思えば思うほどついてくる。
私の頭の中に入ってくる。

お願いだからそんなかわいらしい笑顔で見ないでよ。
そんな風に笑ってくれることは、もう無いかも知れないのに。

あらっ、

やだ、もう5時だわ(誰やねん)。
卒論提出まで2週間を切りました。
先生方はなるべくなら11日に出せって言ってるけど、多分無理です。
あと1週間じゃ間に合わない・・・。
でも15日ギリギリに提出しようとして、その時何かあったらどうしようと思うとオロオロします。

ああ、お腹空いた。
さっきパン食べたのに。こんな夜中に。

集中力が続かなくて困ります。
勉強しようとしては他のことをしい、の連続です。全然はかどらない。
元旦から丸3日、家に閉じこもってるからでしょうか。
明日は気分転換に外に出よう。
メガネを買いに行こう。
何故メガネ?年賀状持って行ったら割引きしてくれるってDMが届いたからです。

ああ、そろそろ寝ようかな。
キリのいいところまでやろうかな。

・・・・・・・・・・・・・・・。

あーもー、卒論飽きたー!!
バーゲン行きたーい!
福袋買ってみたーい!
(実は買ったことがない)



所属

卒論がようやく書けた日のこと。
学校や勉強や、そういうものから自由になった私は、自分のいるべき場所へ戻ろうと急いでいた。
私を笑顔で出迎えてくれるであろう人達のところへ。
走って走って、角を曲がったところにその人達はいた。
みんなで楽しそうにはしゃいでいたのに、駆け寄ろうとした私の姿を見て一気に押し黙った。
冷ややかな視線を私に浴びせながら沈黙している。
「どうしたん?」
戸惑っている私に、輪の中の一人の人が声をかけた。
「えっと・・・学校、もう終わったから・・・」
どうしたらいいのかわからないまま、ぎこちない笑みを浮かべてこう答えた。
「ああ、そうなん」
突き放すような口調の、その返事。
気まずい時間が流れる。
そのうち、もう一人の人が言った。
「俺ら、別にお前がいなくても楽しくやってるから」
それは私が大好きでよく慕っていた人だった。
ああ、私はもう要らないんだとその言葉で悟った。
その人には私が帰ってくることを一番喜んでほしかったのに。

いつもみんなの中心にいて笑いを取っている人が、私を侮辱する汚い言葉を吐きかけた。
みんな一斉に笑い出した。
私のことを見て、笑っていた。
あの人も、笑っていた。
何も言えなくなって私はその場から離れた。
歩いて歩いて、笑い声が聞こえなくなっても歩き続けて、ようやく立ち止まった。
ああ、私はもう要らないんだ。
みんな私がいなくても楽しくやっている。
私がそこに入り込む余地も、そこにいるべき理由もない。
私はみんなに必要とされていないんだから。
私は歓迎されないのだから。
あの輪の中には、もう戻れないんだから。
諦めよう。
私なんかいてもいなくても、別にどうってことないんだから。

ああ、どこにも行く宛てがなくなった。











新年早々、妄想観念勃発です。
私が好きな人達は、私のことを受け入れてくれるのかなと不安になっただけです。
別に調子が悪いわけではないので、ご心配なく。

あけましておめでとうございます。

明けましたねー。
いやはや。
でも私の中では年明けはまだなのです。
2008年は卒論が書けてから!!

とか言ってますが。
昨日の夜ちょっとだけ勉強して、テレビの前で年越しして、
そのままコタツで寝ちゃいました・・・。
前の日の化粧も落とさず。新年早々最低だわ私。
しかもお昼に起きておせち食べてから夕方まで寝てましたよ。
やっぱコタツ出すとあかんなあ(大晦日に出しました)。

2008年もぐうたらな1年になってしまうのでしょうか・・・。
それは嫌だなあ。

今年は、というか今年こそは、心穏やかに過ごせることを祈ります。

とか言っときながら。
久々にお芝居仲間の方々のブログを見に行って軽くヘコんだ・・・。
みんな活躍してるんだなあ・・・。

いーのいーの!
私なりのペースでやればいいの!!
誰がどこに出てるとか、大物さんと共演してるとか、どうでもいいの!!
私に出来る範囲でやればいいの!!!

そう言い聞かせてこの1年を乗り切っていきたいと思います。

いーのいーの。
生きてるだけずっとマシ。
昔はどこにいても居心地が悪すぎるくらい悪くて、息をしていることさえも
苦痛だったんだから。
こうして穏やかに過ごしていられるだけでも、ずっと良くなった。

いい1年になりますように。
今年もよろしくお願いします☆
プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。