[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吊り橋

夢を見た
甘いデザートを2人で食べている夢
あれこれ言い合いながらどれにするか選んでいる
何て久しぶりの光景なのだろう

目が覚めた私はとても悲しくなった

上れなかったエスカレーター
いつも勇気がなかった
私はもう要らないんだと思っていた
だけどまた家族は戻り
楽しいお喋りが交わされるようになる

理由なんてわかっていても
暇つぶしだと知っていても

とても愛おしく、そして悲しい

今更こんな気持ちになるなんて思わなかった
それが「正しい感情」ではないと理解していても




今目の前にあるのはエスカレーターではなく吊り橋
渡ることはもう出来ない

そうすればきっと私は
殺されてしまうのだろう



スポンサーサイト

ちっぽけなもの

その残念な知らせを、心のどこかで嬉しく思う気持ちがあった。


それは限りなく永遠に近い形で続いていくものなのかも知れない。
もしくは、すぐに終わりを迎えてしまうのかも知れない。





今の私には、とてもわからない。




(5月8日18時15分作成)

さてと。

お久しぶりです(笑)
やっとまとまった時間が取れました。
いや、もともと土日はバイトはないんですが、いつも病院やら人と会う約束やらが入っていたり、予定がなくてもグッタリ寝てしまっていたりしたので・・・。
体もまあまあ元気で2日間ともゆっくり出来るのは今週が初めてです、仕事始まって以来^^;
でも2ヶ月も空いてしまうと、何から書けばいいのかわからなくなりますねえ・・・。
とりあえずザッと書き出してみます。

まずはバイトのことを。
4月から正真正銘のフリーターになりました(笑)
かなり前にも書きましたが、某大学の心理学研究室に週4日、学生時代から続けていた内科のクリニックに週1日のペースで働きに行っています。
・・・結構しんどいです(-゛-;
朝から働いて夕方に帰るというペースになかなか慣れることが出来なくて。家に着いたらご飯も食べず、化粧も落とさずで寝てしまう日が何度もありました。
そして夜中に目が覚めてしまい、次の日またしんどくなるという。
とにかく平日しんどいので、予定のない週末はガッツリ寝倒しました。
もともと体力はない方だったのですが(芝居とかやってるくせに)、いかに学生生活が楽だったかを思い知らされましたね。
アホみたいに寝てましたもん、特に4回生の頃は(笑)

仕事内容も結構大変でして。
某大学では、教授の研究室で事務(ほとんど雑用ですけど)をしています。主な仕事は、教授のスケジュール管理・書類の整理・書類申請・授業の準備・お茶出し・電話応対、などなど。
なんですが。
◎先生の予定が多すぎます。沢山の役職を掛け持ちされているので、1日に会議が2つも3つも入ったりしています。
授業も、普通の先生にしてはかなり多く持っているそうで。常に走り回っておられるような状態です。
◎それに伴い、書類が多い。色んな種類の書類が多い。会議の次の日は書類まみれ。
それを逐一ファイリングしていかなくてはならないんですが、どれがどの書類だかさっぱりわかりません。
机の上は綺麗にしておいてと言われているのに、処理方法がわからない書類でいっぱいにしてしまっています。
◎書類の申請がややこしい。予算のこととかわからない。
先生の出張申請、講演会で講師をされるときの申請、研究室の物品購入の申請、他のバイトさんのお給料の申請・・・云々。
◎授業で使う印刷物がいっぱい!輪転機回す回す。
◎お茶を出すタイミングがわからない!いつも真剣にお仕事されているし、コーヒーばかりだと胃に悪いから紅茶や日本茶も考えて出さないといけないし。ご来客があった時なんかもう、戸惑う戸惑う。
◎電話が沢山かかってくるけど誰が誰だかわからない!国立大学の偉い先生からバンバン電話がかかって来る。焦る焦る。
天下の教授に「あ、○○さんですね。少々お待ち下さい」なんて言ってしまっている私。ヒンシュク買いまくり。

とまあ、こんな感じで楽しくやってます(笑)
4月は本当に慣れていなくて、ヘマばっかりやらかしてました。
先生の予定をブッキングさせてしまったり、お客様にコーヒーをお出ししないといけないのに先生にだけ渡してしまったり、授業から帰ってきた先生を閉め出してしまったり。アホや。
大勢の教授や他の大人達の中で働いているので変に萎縮してしまって、うまく動けなくて。いつもあわあわしていました。うまくしゃべれないし。
5月に入ってからは仕事の量も少なくなってきて、先生とも少しずつコミュニケーションが取れるようになってきたんですが・・・先日また大きなミスをしてしまい。
危うく研究に支障が出るところでした。本当に焦った。
この時ばかりは先生も恐かった・・・(涙)
一日中バタバタと走り回って、先生をはじめ研究所の事務室や色んな方に迷惑をかけてしまいました。怒られはしませんでしたが、とんでもないミスをしてしまったのがショックで、ちょっと涙目になりました。
まあ、書類見ても何も書いてなかったし、誰も知らない仕事を新米の私に任せた時点で問題ありだと思うんですけど・・・。言い訳ですかね。
よく確認していれば防げたことなので。反省反省。

大変なことも沢山ありますが、他の研究室の助手さんや、事務室の方、雇用先の上司の方もとても気遣って優しくしてくださるので、かなり恵まれたバイト先だと思います。特に先生ご自身が一番気を遣ってくださっている感じだし(笑)
4月に比べたらずっと慣れてきて、体も楽になりました。何やかんや言いながらもマイペースに働いています。
あ、昨日は帰る時に先生が「サンキュー」と言ってくれました。
大きな失敗をした翌日だったので、無性に嬉しくてニヤニヤしてしまいました(笑)
でもやっぱり、先生に話しかける時は噛みます。緊張して^^;

クリニックの方は、気休めというか、癒されに行っています。
研究室の週4だけだと生活も厳しくなりますしね(苦笑)
気心知れた人達と一緒に働けるし、医療事務も出来ますし。
今のペースが気に入っています。

でももう少し体力をつけたいなあ~。


とてつもなく沢山のものを

その人は、いわゆる“普通の人達”が知らないようなものを沢山知っていた

事ある毎に家族に暴力を奮う父親
夜な夜な自殺を試みる母親
シングルマザーの妹
普通学校に入れなかった弟

彼だけが唯一“まとも”な存在だった


彼は、“普通の人”なら見ずに暮らしていけるようなものを沢山見てしまった

近所のおばあさんが真っ黒焦げの死体で発見され、好きな女の子が目の前で車にはねられ、クラスメイトが電話口でマンションから飛び降りた

焼けてただれた皮膚から覗く赤い肉
地面に叩きつけられる自分の恋人
すさまじい風の轟音、電話の切れるプープーという音
「なあ、聞いてくれよ。俺、空飛べるんだぜ」


何故彼はそういったものを見なければならなかったのだろう
とてつもなく沢山のものを
何故神様はわざわざ彼にそういったものを見せるのだろう
彼だけに


芝居を始めた
自分を救ってくれる唯一の居場所だった
高校生の時に出会った、名前も知らない年上の女の子
その目は輝いていて、彼に芝居の楽しさを教えた

それも束の間

努力して入った大学で
周りに陰口を叩かれながらも一生懸命勉強したのに
よそのクラスの授業まで取ったのに
学費が払えなくて、奨学金ももらったのに
その奨学金を家計に苦しむ親が持っていってしまった

バイトをした
汗水垂らしてあくせく働いた
2年後、体を壊した
お金は無くなり、舞台にも立てなくなって

全てを諦めざるを得なかった


ガラスを割った
大勢の人が見ている前で
捕まりたくなかったので逃げた
拳から滴り落ちる血
何も感じなかった


ぼろぼろになった体には沢山の傷痕
サッカーゴールの下敷きにされた傷
バイクに乗っていて転んだ傷
ガラスを割った時の傷

お母さんに、切りつけられた傷

その傷をいたわる一人の女の腕にも沢山のおかしな傷痕
芝居を始めるきっかけになったあの女
偶然再会した彼女もまた
様々なことに迷い悩み、その目の輝きは失われていた


それは私だ



彼は言う、“普通の人達”について
「あいつらは強い。何故ならいつだって前向きな気持ちをもっているから」
それに比べて自分達は、とてつもなく弱いのだと


それは6年目の奇跡だった
出会うべくして二人は出会ったのだ
生きるために、私たちは一緒にいなくてはならない

彼の話を聞きながら私はただうなずくことしか出来ず
何の助けにもなれない自分に絶望する
それでも、この人の苦痛を少しでも和らげることが出来るのなら
少しでも支えになれるのなら
いつまでも一緒にいようと思う


そして今日も

ブログが書けずに終わっていくよう・・・





頭痛いよう・・・











ああ~ゆっくりしたい!
(休める時間はあるけど体の疲れが全然取れない)

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。