[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふつうのしあわせ

昔使っていたノートを実家から持ってきた。
開く勇気がなくて1週間ほどそのまま置いていたけれど、今日はひとりなので、開けてみた。
10年前の、苦しんでいる私がそこにいた。

「普通の幸せがほしい」
書いたときのことは全く覚えていない。
睡眠薬を飲んで、寝ぼけているうちに書いたからだ。
知らない間にこんなことを書いていたなんて、と目が覚めてから驚いたことだけは、
よく覚えている。

今の私とは全然違う?
あの頃の私とは別人のような私が、一人で歩き出しているように感じるときがある。
18歳の私を置き去りにして。

わざわざ思い出さなくてもよいのかも知れない。
忘れて、ごくごく平凡な人間の一人として、知らんぷりして生きていけばいいのかも知れない。
その方がよっぽど幸せだ。

でもそれでは嫌だ。
書かなくてはいけないと思う。
あのときのことを、見てきたものや感じてきたことを、亡くなった友達のことを、忘れないで、言葉にして、まとめなければいけないと思う。
そうしなければ、わざわざ生き延びてしまった意味がない。
今すぐ死んだ方がましだ。
スポンサーサイト

音楽はずるい。
聴いた瞬間に、私を、過去に引き戻す。
感覚も、記憶も、視界も、その時間にタイムスリップしたような気持ちになる。

こういうのも「解離」と呼ぶのか?

お芝居の開演前の曲。
緊張感がよみがえってソワソワしてしまう。
Coccoや鬼束ちひろは大学の頃によく聴いていたから、当時の鬱っぽさや
苦しかった気持ちが心の底から湧き上がってくる。
一緒にいた人のことも、その時の、その瞬間の気持ちも。
閉めていた箱の蓋が開いて、液体がにじみ出てくるみたいに、思い出す。
泣き叫ぶしか出来なかった、セピア色の空と部屋と窓と、冬の冷たい空気。
くるしい。
だから、音楽を聴けばいい。
思い出したくなったら。嫌でも、あの頃に戻れる。

そんななのに、結婚した相手が音響家だなんて、何という皮肉。

夫は再婚だ。
25歳で結婚して、27歳で離婚したらしい。
私はあまり気にしていない。

まあまあの遊び人だった彼は、10代の頃からだらだらとつき合っていた女の子と結婚することになった。
彼女のおばあさんが亡くなったときに葬儀を手伝いに行き、そこで彼女の両親にえらく気に入られてしまったらしい。
あれよあれよと言う間に双方の家で段取りが進み、プロポーズもままならないのに入籍してしまった。
1年目は上手くいっていたらしいが、2年目に本気の浮気(何じゃそりゃ)をしてしまい、家を追い出された。
離婚届は2月29日に提出したそうだ。4年に一度だけ、思い出す。

でも離婚後も前の奥さんとは親しくしていたらしい。何じゃそりゃ。
復縁しかけたこともあったというが、彼女が奥さんのいる男性とつき合うようになってから、縁を切ってしまった。
別に連絡くらい取ればいいじゃないかと私は思う。でも許せないのだ。
自分を幸せにはしてくれない男とつき合っている彼女のことが。彼女を幸せにしない男のことが。
何じゃそりゃ。男ってつくづくわからない。

前の奥さんよりも、直近の彼女の方が私は嫌いだ。
昔のことを思い出す。10年前につき合っていた人にひどい浮気をされてしまったこと、浮気相手の女と鉢合わせしてしまったときのこと。毛嫌いしているだけだが、昔のトラウマを呼び起こされるので、辛い。
直近の彼女の話題は一切しないでくれと懇願したが、結婚してもしばらくはやめてくれなかった。
こんなにも人が嫌がっているのに、何でわからないかなあ。
彼が言うには「昔の彼女達とも誠意を持ってつき合ってきたから」らしい。
何じゃそりゃ。

彼は私が通っていたのと同じ精神科に、自分も通ったことがあるらしい。
前の奥さんにADHDではないかと指摘され、知能検査を受けに行ったのだそうだ。
確かに部屋が汚い。片付けがすこぶる苦手。物をよく失くす。スケジュール管理が下手。
思い当たる節はいくつもある。
二次障害なのか、かなりの情緒不安定で、結婚前も結婚してしばらくも手を焼いた。私以上に不安定だ。
喧嘩の後は一日寝込んだし、記憶を失くすほど酒を飲んだし、電話をかけてきて何時間も文句を言われ続けたりした。夜中に寝言で喚き散らすこともあった。
結婚1年が過ぎ、落ち着いた今では、当時のことなんかすっかり忘れている。
何じゃそりゃ。
そして私の情緒不安定さを「理解出来ない」「しょうもない」と言って笑い飛ばす。
何じゃそりゃ。

テレビを一緒に見ていたら、一言ナレーションが入る度に大声でコメントする。
テレビとしゃべっているみたいだ。私はテレビの内容がほとんど頭に入らなくてイライラする。
その後のおしゃべりも止まらない止まらない。何時間も延々としゃべり続ける。
私の作った料理は「おいしいけどあれが足りないこれが足りない」と、手放しで褒めることは殆どないくせに、自分が食事を作ったときは「何て美味そうなんだ!」感嘆の声を漏らし「美味いやろ?な?美味いやろ?」と自慢しまくる。
買い物してきた商品を一つずつ私に見せて説明する。
注射や採血が怖くて、「血」というワードを聞いただけで吐き気をもよおす。
極度の寂しがり屋で、ふすまを閉めて別の部屋へ行くと怯える。
私が死んでも泣かないと冷たく言ってのけるくせに、楽天が優勝したらワンワン泣いている。

毎日毎日、何じゃそりゃのオンパレード。
殺してやろうかと本気で思うくらいタチの悪い喧嘩をすることもあるけれど、この人がいてくれるから、私は何とか日々を生きていけるのでしょう。

でもたまにはひとりでのんびりさせてくれっ。

嫌になって寝室に戻ってくる。
遅い。
超遅い。
死ぬほど遅い。
もーもーもーもー。
牛か。

去年就職したクリニックは4ヶ月で辞めました(早っ)。
人間関係が悪すぎるし、先輩方は「自分で勝手に成長しろ」という感じでまともに教えてくれないし、理不尽だし院長夫人コワいしケバいしヤバいしもう色々と。
人出が足りない、知識も十分にないのに手を広げ過ぎて、監査が入れば営業停止になるだろうというくらいの自転車操業っぷりでした。
理由は沢山あったけど、その中でも一番強烈だったのが、外部の方も招待しての慰労会で一気飲みコールが起こり、院長も院長夫人も看護主任もみんなが一気飲みして、一人が急性アルコール中毒で倒れるという事件。
医療従事者としてどうなのか。死んでたらどうしてたの?
その一件が私の背中を押しました。院長夫人にたてついてにらみ合いして辞めてきました。
辞めて正解だったと思う。私が退職した後、年末の飲み会でも懲りずに一気飲みコールしてたらしい。馬鹿じゃないのか。
あのまま働き続けても医療事務としての力はつかなかっただろうし、ストレスばかりがたまっていただろうし。
何より患者さんのためにという気持ちが職員から、経営者からも感じ取れなかったのが一番嫌だった。
はずれくじを引いた。仕方ない。行く場所を間違えた。

次の仕事はどうしようかと悩む間もなく、私よりも先にクリニックを辞めた方から別の医院を紹介していただきました。
ありがたい。何ともありがたいお話で。
家から少し遠いけど、先生もパートさん達も優しい。働きやすい良い職場。
将来的にはここで産休育休をもらって、ババアになるまで飯食わせていただきます。

まあそんな上手くいくわけなく、しばらく働いてみるとまた問題に直面するわけなのですが。
今回はぜえええええったいに辞めません。
自分の人生設計考えたらこれ以上転職繰り返してる場合ではないし、ていうか何の問題もない職場なんてあるわけないし、これぐらいのこと乗り越えられなきゃどこ行ったって通用しない。
がんばって、沢山知識たくわえて、もう色んな人踏み台にして(笑)、医療事務のスペシャリストになりたいです。

やっぱり医療が好きなのですよ。
患者さんが好きなのですよ。
お薬が好きなのですよ。
病院から、病気から、離れられない性分なのですよ。きっと。
これもまた縁というか、そういう運命なのだろう。

イライラ

イライライライラ・・・。
イライライライラ・・・。 

何でイライラしてるかだって?
ネットが遅いからですよ!

寝室(和室)は私の部屋でもあるので、(間取りは3LDK。自営業のため2部屋は夫が事務所として使用している)、パソコンは出来れば寝室で使いたいのだけど、無線にするともう、遅いの何のって。
だからここ数ヶ月ほとんどパソコンをさわらなかった。
でもスマホだけでは限界がある。やっぱりパソコンでネットがしたい。
諦めてリビングに出て来て、ルーターのすぐそばにパソコンを置いて使ってみると。
早い。
超早い。
あああああああああ・・・うそやーん。
いや、ビスタだからだ。このノートパソコンがビスタだからだ。
もっといいパソコンを使えば寝室でもネットがサクサクのはずなのだ。
ビスタこのやろう(わざわざアルファベットに変換する気にもならない)。

夫が事務所の部屋のドアを開けっ放しにして口笛を吹きながら確定申告の準備をしています(笑)
う、うるさい。やっぱり寝室に戻りたい。うう。
プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。