[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかの誰かのために。

将来の“お兄ちゃん”に渡すための本


市橋秀夫さんという精神科医の方が監修された、「パーソナリティ障害がよくわかる本」です。
主に境界性人格障害と自己愛性人格障害について取り上げられていて、患者がどんな思いを抱えて日々過ごしているか、また患者の周りにいる人はどのような対処をすれば良いか、適切な治療に結びつけるためのポイントなどがイラストと共に詳しく書かれています。
ボーダーに関する市橋さんの論文を読んだこともあり、偶然本屋で見つけた時に気になって手に取ってみたのですが、とてもわかりやすい本で、ノンボーダー(ボーダーの周囲にいる人々)の方に読んでほしい本だな、と思いました。
ボーダーの人が常に感じている感情の嵐や、苦しみの深さをよく表現してあると思います。
私自身は他にもボーダーの解説書を持っているのでわざわざ買う必要もなかったのですが、将来私のそばにいてくれる人が出来た時に、その人に渡そうと思って買いました。
それは、次に現れる“お兄ちゃん”なのかも知れないし、恋人なのかも知れないし、もしかしたら一生現れないかも知れないけれど。
いつか私の大事な人に渡すために、持っていようと思います。

あ、読んでみたい人は言ってくれたらお貸ししますので(笑)
スポンサーサイト

■ Comment

はじめまして。 この本読みました。私も3ヶ月ほど前に境界性人格障害と診断され治療中です。 ブログやってるので良かったら遊びに来てください☆

はじめまして。コメントありがとうございます^^
本、読まれたんですね。イラストとか、結構インパクト強めに書いてあるような気がしたんですけど、この障害を理解するにはわかりやすい本ですよね。
ブログ、遊びに行かせていただきますね!
非公開コメント

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。