[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別扱い

10月6日 和歌山にて








「お前がいなかったから、誰も写真を撮る人がいなかった」
そう言って笑いながら自分で撮った写真を私に見せてくれた。
何だか嬉しい反面、ああ私はこの人にとっては、芝居の場を離れても写真係程度の位置づけでしかないんだと思った。
もう半年ほど前のこと。

単に私が卑屈に受け止めているだけなんだろう。
でもどうしても軽く流すことが出来なかった。
「役者やればいいのに」
「どんどん芝居から遠ざかってる」
「そんな卒論やって何か意味あんの?」
追い詰められて人前で泣いてしまったことも、彼の目にはくだらない理由でメソメソしていたようにしか映っていない。
私や、他の子たちがどれだけ必死に動いていたかということも、彼は容易に想像することが出来ない。
「誰かが声をかけていれば」
どうして当事者にそんなことを言える?
そしてその芝居に私を呼んだことすらも忘れてしまっている。
あいつは自分がとても深いところにいると思い込んでいるのだ。
私からすればそれは深いどころか、何て軽率なのだろうと思う。

別に、デリカシーのないことを言われたから傷ついたわけじゃない。
その前から苛立っていた。だから些細なことでもプツリと切れてしまった。
そういうことを軽々しく言えるような子ども染みた人を頼ろうとした私が馬鹿だった。


「特別扱いされたいのか」
そう言われた。
「そういう人として扱ってほしいならそうする。でもそれは特別視してるみたいで好きじゃない」
要するに、私が病気を理由にしてちやほやされることを望んでいると思われたんだと。
そういう風に私は解釈した。
私が何度も「自分は病気なんだ」ということをメールに書いたからいけなかったんだ。
でも私は自分が辛いということを伝えたかったわけじゃない。
彼は自分の大学で見た過呼吸の男の子のことを「気持ち悪い」と言ったんだ。
でも私は過呼吸持ちの引きこもりよりももっと気持ち悪い人間だし、もっと気持ち悪いと思われるようなことも沢山してきた。
だから、「私はこんなにも変な病名がついていてこんなにもおかしい人間だから、それを気持ち悪いと思うならもう二度と会わない」そう言ったつもりだった。

「特別扱いされたがっていると思われても仕方ない」
カウンセラーにはそう言われた。
それでも私には納得がいかない。
3年以上もの付き合いがあって、それまで一度も自分が病気なんてことを口にしたことはなかったのに、今になって急に“特別視”?!
ああ私はそんなことを望む人間だと今まで思われていたのか。
そういう人間だと思われていたことが何よりも悲しい。

言われた時は全面的に否を認めて平謝りした。
喧嘩を吹っかけたのは私自身だったから、怒らせたのも無理はないと。
でも、そんな風に言われたことがどうしても引っかかって。
それ以来、まともに連絡を取っていない。会っても顔すら見ていない。

「お前に対して態度を変えるつもりはない」
それは病気であるが故のしんどさや出来ないことまで、見ないふりをするということ?
前に話した時にこう言われたことがある。
「そういう(病的な)面があったとしても、他にいいところがあれば、関係ないとも思える」
聞こえはとても良いだろう。
でもそれは綺麗事でしかない。
私の病気を、その実態を知ろうともしないで、私のいいところしか見ようとしないのは。
私を無視するということだ。
態度を変えて、腫れ物にさわるように接してほしいと言っているわけじゃないのに。
悪いところも全部認めてもらえることをひたすらに私は願っているのに。


私が間違ってるんだろうか。

落ち着いたらちゃんと話がしたいと思ってる。
















やっと書けました。長っ!!笑
去年の10月くらいからずっと書きたいと思っていたことで。
でもなかなか書き出すことが出来ずにいました。自分の中でまとめきれなかったし、こわくて。
何かすごい良い様に書いてますけどね。
しょうもないいざこざ話です。
しかも私が勝手に怒ってるだけ。
みっともないのはよくわかってます。

でもどうしても納得いかんのやもん!!
プンプン。

スポンサーサイト

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。