[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの日記について。

すっかり遅くなってしまいましたが、今後のこの日記について書いていきたいと思います。

2つ下の「お詫び」という記事にも書きましたが、私は、人の悪口も含め、いきすぎた愚痴をこの日記の中で沢山書いてしまっていました。
「いくら訪問者数が少ないブログとはいえ、こんなことをネット上に書いてしまっていいのか」と思いながらも、キーボードを打つ手は止まらず、ここに書くことでストレスを発散しているような部分もありました。
そうしているうちに、いつの間にかここは「人には見せられない日記」になってしまっていました。
私の醜い部分がいっぱい詰まった場所になっちゃったな、と読み返しながら思います。
このことについては、本当に改めなければいけないと思いました。

人の悪口を言うことは、人間として良くないことだと思います。
でも、思い返せば、インターネット上に日記を書き始めた頃からずっと、他者に対する愚痴や不満を書き続けてきたような気がします。それでも自分では気をつけていたつもりでいました。
時には、本人にわかるような書き方をして「あなたのことを日記に書いたから見てほしい」とメールを送りつけたこともありました。今となっては恥ずかしいことこの上ないですが。
愚痴や不満は、誰かと接しているとどうしても出て来てしまうものではありますが、限度を弁えるということを私はしていませんでした。
反省すると共に、これからもし誰かに対する不満が出来て、それを日記に書きたくなったとしても、書き方をよく考えるようにしていきたいと思っています。

もう一つ、私の文章の「書き方」そのものについてです。
私は自分の文章が、周りの人を嫌な気分にさせる要素を持っていることをよく知っています。そのために何度かトラブルが起こったこともありました。
前にも書きましたが、そのこともあってHPを閉鎖しブログに切り替え、今は宣伝もほとんどしていません。
今回、自分の「書き方」の至らなさを実感して、これからはどういう風にこのブログを続けていこうかと考えました。
・・・正直、何を書いたらいいのかわからなくなってしまいました。

では私は何のためにネット上で日記をつけ始めたのだろう。
それは、自分の場所がほしかったというのが一番の理由です。
その中で、自分の考えを正直に書いていこうと、そういう風に思っていたと思います。
誰かに見せるために書いているのではないし、私の書く内容に関して積極的に意見交換をしたり、慰めや励ましを求めているのではありません。
たまたま通りがかった人がこの日記を読んで、「ああ、この人はこんな風に思っているのか。ふーん」くらいに思ってくれればいいと思っていました。
でも同時に、私の書いたものを読んでショックを受けたり、嫌な思いをしてほしくないという気持ちもあります。
人に見せるために書いているわけではないですが、見る人のいるところに書く以上は、ある程度見た人がどう思うかを考えて書かなければならないとも思います。

その上で。
やっぱり私は自分の書きたいことを書いていこうと思いました。
自分の正直な気持ちを書いていきたいと。
今、私にとって最も重要な問題は「人との関係」についてです。
だからこれまでも、他者に見捨てられることに対する不安や、具体的なエピソードも踏まえて他者との関係に関する事柄を書いてきました。
事情を知っている方から見たら、その内容を容易に想起することが出来たかも知れません。
不快に感じられた方には、申し訳ないと思っています。
でも私はこの問題(人との関係についての問題)について考えることをやめたくないと思っています。

「私は愛され受容される価値のない人間である」
「いつか誰もが私のことを見捨てて去っていくであろう」
「私は、誰のことも信じることが出来ない。世の中で、たった一人も、信頼出来る人間はいない」
これらは私の中に常にある考えで、ごく当たり前のものだと思っていました。
ただ、弁解するわけではありませんが、これは事実としてあるのではなく、私自身の中にある私自身の問題なんです。
現実には私のことを好きでいてくれる人達がいることも、他者がそれほどまでに信頼出来ない存在なのではないことも知っています。
特定の個人が信頼に値しないのではなく、ボーダーの要素を持つ私の勝手な主観によって捻じ曲げられた価値観なんです。
だから一緒に遊んだりおしゃべりしたりする仲間もいるし、その人達のことを好きだという気持ちもあります。
それでも、私の中にある不安や寂しさが消えることはありません。もし誰かが否定してくれたとしても、絶対になくならない。
大学も、バイトも、芝居も、このネット上でさえも。
私の居場所なんてあるはずがないんです。

ここを訪れてくださる方は、私がそういう風に考えていることを知った上で見に来てくださっているのだと思っていました。
少し甘えていたのかも知れません。
本当に、上手く言えないのですが。
これからも私は、周りの人から見て不愉快に感じられるようなことを書き続けてしまうのかも知れません。
見てくださっている皆様には、感謝の意を表すと共に、この日記にそういった部分があることをご了承いただいた上で、ご覧になっていただければ幸いに思います。
また、そういう記事を見ていてとても不快な気分になった、そういう記事が上がる度に腹が立ったり傷ついたりする、という場合は、残念ですが、このブログとの距離を置かれることをお勧めします。
嫌なら見に来なければいい、とかそういうことではなくて。
見に来ていただくか否かは、やっぱり自由意志だと思うので。


長くなった上に支離滅裂でよくわからない文章になってしまいましたが、私がこの日記に対してどんな風に思っているかを、きちんと書いておいた方がいいのではないかと思いました。
ここまで読んでくださってありがとうございます。
管理人共々、これからもこのブログをよろしくお願いします。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。