[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拒絶反応

明日は照明ワークショップの実験公演。
昨日は徹夜で仕込み(機材の吊り込み等々)をしました。
仕込み図を書いている段階では本当に自信がなかったんですが、先生にアドバイスをもらいながら明かり作りや場当たり(役者と照明・音響のきっかけ合わせ)をしてみて、プラン2回目の初心者にしてはまあまあいい明かりが作れたかな、と思います。
先生にもちょっと褒めていただきました^^
最初はどうなるかと思っていた徹夜仕込みも、時間をたっぷり取っていたことと、照明の知識が全くない役者さんが手伝いに来てくれたこともあり、怒鳴られたりすることなくスムーズにいきました。
前回のワークショップ公演とは大違い(笑)ひたすら怒鳴られまくってましたもんね。いやあ、怖かった^^;
でも先生には怒鳴られるのが当たり前になっているので、怒鳴られない日はそれはそれでまた怖いです(笑)

照明。
役者をしていく中で、舞台の仕込みやバラシの時に役に立ちたいと思って始めたのがきっかけ。
あの頃は、小屋入りしてもスタッフワークが何も出来ない自分が腹立たしかった。別に役者は楽屋で待機してればいいし、不安なシーンの稽古や制作のお手伝いなど、やることは色々あるのだけど。
自分に自信がなかった。現場で何もしていない自分が許せなかった。
たったそれだけの理由。
今はそれなりに自分を肯定することを覚え始めた。だから現場に入ってすることがなくても、そんな自分を責めたり苛立ったりはしない。
だけど、2年間照明を習ってみて、スタッフの仕事のやりがいも感じられるようになった。自分の考えた明かりが舞台を、役者さんを照らす。フェーダーの上げ下げ一つとっても、役者さんと息を合わせて、役者さんの気持ちに乗っかっていかないと良い明かりは作れない。イメージすることの大切さ。
照明はしんどいけど楽しいし、これからも勉強し続けたいという気持ちはあります。でも私はやっぱり役者がしたくて、照明家になるということはしたくない。ていうかいたるところでボケボケだから(笑)、頭の回転の速さが要求されるスタッフにはなれない。
このまま通い続けていれば先生は私に照明プランナーになることをもっと強く勧めるだろうし、私自身も4回生になったら少し予定を空けてゆっくりしたいと思っていたので、ワークショップを一旦やめようかと考えていました。しんどくても現場に入って楽しいと感じて、先生に「続けなさい」と言われる度に迷ってきたんだけど。
でも、多分辞めます。
講師の先生に、個人的に好意を持っていることを告げられたからです。
先生は(先生と言っても普段は和気藹々としていて、打ち上げで一緒にお酒を飲んだり、楽屋に泊まって雑魚寝したりするような感じですが)、元々恋愛に関しては自由な考えを持っていて、モラルさえ弁えていればどんな恋愛もありだそうです。B型だから複数の人に恋愛感情を持つことも成立する、って。
最初は冗談で言ってるんだと思っていたのですが、「一緒にいて楽しいし、色んな話をすることで得られるものもあるし、20歳以上離れていても恋愛はできる」って。
結婚もされているし、勿論プラトニックな意味合いで言ったのでしょうし、他にも色んな女の子に同じようなことを言っているのでしょうけど、私としては、何とも思ってない男性から告白されることほど嫌なことはありません。それに、仮にも先生と生徒の間柄です。
もうすぐ50歳にもなろうかという人が、今ある髪の毛全部むしったろかと本気で思いました、ちょっと。

確かに、ここ何ヶ月か色んな話をしました。芝居のこと、進路のこと、うちに母親がいないことも知ってるし、父親が退職して家にいることも話したりした。
でもたったそれだけのことで、私のことを少しでも知ることが出来たと思っているのでしょうか。
私が自分に「本音」を話しているとでも思っているのでしょうか。
私は本音なんて普段ほとんど言いません。ていうか、本当の自分がどこにいるか自分でもわからないのに、本音なんて言えるはずがない。
先生には病気の話はしていない。真面目で素直で前向きな子だと思われているんでしょうか。
私の中にどれだけ沢山のどす黒く汚い感情が渦巻いているかなんて、知らないのでしょうか。

男の人に好きだと言われたことは、これまでにも何度かあります。その人たちとはなるべく距離を置くようにしてきました。避け続けて連絡を取らなくなった人もいます。
私にとって男性から好かれることは、「死ね」と言われているのと同じことです。本当の私なんか知りもしないくせに、虚像の私を好きだと言う。侮辱されているのと同じことです。
私が受け入れられるのは、とても我が儘ですが、私自身が好きだと思った相手だけです。

別に先生が悪いわけじゃありません。私に好意を持ってくれる男の人が悪いわけじゃありません。
ただ認められないだけです。贅沢なことかもしれませんけど。
好きだと言われても嬉しくも何ともないんです。本当に、嫌悪感しか感じられないんです。
先生の下で勉強しているのは今は私一人。私への期待や責任も徐々に感じるようになってきた今、こんなことを言われては、もう続けようという気は、起こりません。
どんなに芝居が好きで照明が好きでも。
それで芝居に対する私の気持ちが否定されるなら、私は死にたいです。
というより、本心を言うなら、芝居はおろか何にもしたくはないのです。
与えられた日々を淡々と生きながら、回復しているように見えるけど、早く死にたいという気持ちはやっぱり消えないんです。
どうせ死ぬんだから、無理して頑張るよりも、自分の思うように生きたいです。
ただそれだけなんです。

私だってごく普通の恋愛がしたい。誰かを好きになって、付き合って、時が経って別れて、また別の人を好きになって付き合う。
そんなことは出来ない人間になってしまったんだと、実感しています。
誰も本当には好きになれない。
もう二度と本当に男の人を好きになることなんてないのだろうか。

ああ、話が全然違う方向にいってしまった。
とりあえず明日の本番、頑張ってまいります。
スポンサーサイト

■ Comment

ミキちゃん、明日本番なんだね。いってらっしゃい☆
私は相変わらず引きこもりの毎日ですわ。

>好きだと言われても嬉しくも何ともないんです。本当に、嫌悪感しか感じられないんです。

私も嫌悪感しか感じませんね。
男性と付き合えないから。
高校のときなんて告白されてからは吐き気で大変でした。
何なんでしょう。普通の恋愛がしたいです。医者には恋愛の話が上手く出来ないし、悩みどころの1つです。

あー。そういう事ねー。
薄々向こうはそう思ってるんちゃうかなとは考えてたんやけど…やっぱり歳とか関係ないねー。
確かに年齢差は関係無いけど自分から言っちゃうと意味ないなー(笑)
しかも公演中に…(汗)
まぁ、珍しい話ではないものの災難やったねー…。

うーん。たしかに自分のこと知らない人から好意よせられてもうれしくない。その一方で、私は自分に一目ぼれを認めていたりします。矛盾、矛盾。

髪の毛むしったろかは笑いました。笑うところじゃないんでしょうが……

コメントありがとうございます^^

>あみちゃん
あみちゃんも同じ悩みを持ってるんだね。
私も、どうしてこんなに男の人が嫌なのかわからないけど、どうしても拒否してしまうんだ。
医者には恋愛の話はしづらいよね。こういうことって誰に相談していいかわからないから、しんどいね。

あみちゃんは今は確か大学2年生だったよね?
3、4年になるにつれてだんだん忙しくなるだろうから、引きこもれるうちに引きこもっておいた方がいいよ(笑)

>こーろくさん
そのHNで大丈夫なんですか?笑
本当に、どうして本番前にそんなこと言うの!?って心境でした(笑)
ワークショップといえども2年間お世話になったので、完全に離れることは出来ないでしょうけど、ボチボチ距離を置いていこうと思います^^;

>あゆむさん
私も、自分が言われるのは嫌なのに、私から好きになった人には思いっきりぶつかっていってました(笑)

「髪の毛むしったろか」面白かったですか?笑 
この内容でこの台詞を書いても面白くないだろうなと思っていたので、笑ってもらえると嬉しいです(笑)

私は「本番中に」告ったヤカラを知ってるよ(笑)

それは立派なパワーハラスメント。災難やったなぁ…。ムカつくわー…。
なんか甘いもん食べて早く忘れることができますように…(祈)
歳くったらそーゆーのんも上手いことかわせるようになるよ!(笑)
不幸にもそんなヤカラはうじゃうじゃおるでー。プラトニックなんかじゃないからな?
頑張れ!!
(ムカつくなぁ…)

>えりさん

パワハラですか・・・^^;
とりあえず笑ってごまかしときました(笑)
本番中は絶対嫌ですね~!本番前はまだマシですね(笑)
非公開コメント

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。