[PR] アイプチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

知らん間にデッカイ広告が出るようになりましたね。
ネット世界も厳しいんだな(笑)

今までだらだらと自己満足で書き殴ってばかりでしたが。
結婚して1年が経ちました。
えー・・・どこからちゃんと書いてないんだろう。
自分のことすらまともに出来ないのに、まして今まで赤の他人だった人と生活を築いていくことも考えてたらもう、頭いっぱいいっぱいパッツンパッツン。
そしてこのブログ見てくれてる人はまだいるんだろうか。

長いようで短い1年でした。でも気が遠くなるくらい長い時間だった。
あまりにも色んなことがあり過ぎました。

夫とはなかなか意見が合わず、しょっちゅう喧嘩。
1ヶ月に1回は「離婚しようか・・・」と相談するくらいでした。
お互いに手が出ることもありました。私は物を投げたり喚いたりしたし、夫は、殴ったりはしなかったものの、床に押さえつけられたりすることがありました。
心底憎い、こんな人と結婚なんかするんじゃなかった、一刻も早く離婚して1人に戻りたいと本気で思いました。
一番一緒にいたい人と全くわかり合えない、辛い時間でした。

今年に入り、結婚式と友人向けのパーティをして、少しずつ落ち着いてきました。
喧嘩をすることもあまりなくなりました。それでもたまには怒鳴り合いになることがあります。
しんどいですが、まあ、がんばって(本当にがんばって)話せば和解出来るのはわかっているので、何とか、何とか・・・(笑)
ああでも、こないだふすまが吹っ飛んだな。あれはびっくりした。

仕事。
医療系の会社を、結婚を機に退職しました。
結婚しなくても辞めてたとは思います。正確に確実に業務をこなそうとすると、どうしても残業が発生する。
上からは残業減らせとどやされる。私だって芝居の稽古があるから早く帰りたい。
毎日走り回って頭も使って、体力的にも限界がくるのはわかっていました。
人には相当恵まれていた。最終日はワンワン泣いて仕事になりませんでした。

失業保険をもらいながらしばらくのんびりさせてもらって、車の免許とホームヘルパーの資格を取り、大学時代にお世話になっていたクリニック・・・が開設した高齢者住宅に就職しました。
面接の時に聞かされていなかった勤務形態が出てきて、3ヶ月で辞めざるを得なくなりました。
オープンしたての施設は課題が山積み、職員同士の確執もあったりで、ストレスが多くそれも家での喧嘩の一因となっていました。
入居者のおじいちゃんおばあちゃんは愛らしくて素敵な人ばかりだったから、とても名残惜しかったです。
でも比較的元気な方が多かったから、重度の人たちばかりの施設に行ったらそれはそれですごく苦労するんだろうな。

この際やりたいことをやってみようと思い、次の就職先を見つける前に、老舗のお菓子屋さんでバレンタインの売り子のバイトをしました(笑)
百貨店希望でしたが地下街のショップに配属になり、シーズンが終わってからも5ヶ月働きました。
先輩方が口を揃えて「温泉みたい」と言うくらい、恵まれた職場でした。優しい人達ばかりで、楽しかった。
立ち仕事で脚がパンパンになるのも、今思えば大したことじゃなかった。
それと併せて、主人が見つけてきた事務のアルバイト。
そちらは今でも月に何度かお手伝いにいくほど、かわいがっていただきました。
お菓子屋と事務のかけ持ち、休日は月に2日くらいでしたが、楽しい毎日だった。
長時間働き続けてもお給料はそれほど上がらなかったので(お菓子屋は最低賃金だった)、ずっと続けていくことは出来ませんでした。

今は、在宅医療を行っているクリニックにいます。
研修期間3ヶ月で辞めようと思っています。
正社員なのに。履歴書に傷がつく。家計に響く。
それを考えても、毎日納得いかないことばかりで、殺伐とした事務所の空気に晒され、きつい言葉にしめつけられるのはもうごめんだ。

もともとダメな子だったんだから、こんなしょうもないことだらけでもしょうがないかな。

芝居。
結婚してから4本の作品に関わらせていただきました。
自分がやってみたいと思っていたことを全て網羅しているような作品達に恵まれました。
実在する事件を扱った舞台に出演したとき。
自分の中の何かがぷつりと切れた気がした。
主人には猛烈な批判をくらいましたが、私よりもはるかに実力のあるメンバーに囲まれ、不器用なりに精一杯ぶつかった公演でした。
人前で感情を曝け出すのは、相当なエネルギーが要る。
他の2本はコメディだったけど、あとのもう1本は、20歳の頃の記憶や私に関わってくれた人との中での感情をそのまま役に投影させた。
納得いく演技は出来なかったけれど。あのときまた何か切れたかな。
更に自分の結婚パーティでマイクを持ってしゃべったときに、もう、ぶち切れました(笑)
半ば独白的な内容でした。だから余計「この方が早い」と思った。
私の伝えたいことを伝える手段として。

小学校のときに女優に憧れて、中学のときから始めた芝居です。
まだまだやってみたいことはあるけど、それ以外にももっとやりたいことはある。
私がいつの間にかいなくなったってびくともしないくらい、沢山の役者さんががんばっている。
少し休憩して、私は私の新たな道を目指すのも悪くはない。
そんな気持ちです。

やりたいこと。
21歳のときから大切に大切にあたためてきました。
亡くなった友人たちのことを、文章に書きたいです。
あの苦しかったときのことを、インターネットでつながり、励まし慰め合いながら何とか日々を凌いでいたことを、目に見える形で残して、出来るならば一人でも多くの誰かに知ってもらいたい。
自殺じゃない。これは不当な死だとずっと思ってきました。見えない何かを憎んできました。
まだ全然、書けてないけど。出来れば本にして出版したいけれど、それは夢のまた夢かも知れない。
でも、書くだけでも書きたい。彼らの死を、無駄にしたくないんです。

ああ、よく書いた。何だか汗をかいてきた。よかった、まだ生きてます。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

a_hoyden(ミキ)

Author:a_hoyden(ミキ)
大阪府在住。30歳。
大学に5年通い、フリーター・医療系の契約社員を経験して、ふらっと結婚。
医療事務として真面目に働きつつ適当に家事やってます。
今は休憩中ですが、関西小劇場でお芝居をしています。

*好き*
中村中・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・堺雅人・沢村一樹・佐々木蔵之介・オードリーの若林
いくえみ綾・小花美穂・「NANA」・さくらももこ・山田詠美・乙一・「八日目の蝉」・「17歳のカルテ」・南条あや
とろけるチーズ・サーモン・いくら・たらこ・モスバーガー
買い物に行った時にかわいい店員さんがいると嬉しい。

*嫌い*
グリーンピース
できちゃった結婚
自分の好きなものを馬鹿にされること
わかってもないのにわかったような口を聞く人
綺麗事

大学時代は実験心理学を専攻。
幼少期の母子関係が現在の対人関係にどのように影響しているかについて卒論を書きました。

境界性人格障害と診断されたことがあります。
リストカットやODをしていた時期もありました。
今は・・・何なんだろう。よくわかりません(笑)

とりあえず変な奴です。

*monologue-b*

*monologue*
以前使っていた日記です。

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。